松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
研究者情報

[最終更新日] 2022年06月15日

職階

教授

氏名(漢字)

吉川 研⼀

氏名(ローマ字)

YOSHIKAWA Kenichi

保有する学位

博⼠(⼯学)

担当する授業科目

ファッション商品論、ファッションビジネス論、ビジネス⾊彩論、メディ ア⽂化論、販売論Ⅰ、販売論Ⅱ、キャリア開発、ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡ、ゼミナールⅢ、リテールマーケティング検定3級

研究テーマ

ファッション分野における消費者⾏動に関する研究

学会での活動状況

⽇本繊維製品消費科学会会員

社会での活動状況

松⼭市環境審議会委員

本人からのメッセージ(社会貢献など)

愛媛県におけるファッション分野を中心とした販売領域の活性化に、主に消費者の購買行動を調査することにより貢献できたらと思います。

地域貢献に関心を持っているテーマ

ビジネス、現代社会

研究業績

・愛媛県における⾼等学校の⼥⼦制服に関する研究、吉川研⼀、松⼭東雲短期⼤学研究論集、第28 巻(1997)
・なぜ⽇本の⼥⼦⾼⽣はルーズ・ソックスなのか、吉川研⼀、⽇本⽐較⽣活⽂化学会誌、第8・9 合併号(1999)
・ラフォーレ原宿松⼭の閉館に伴う若者の消費⾏動変化(第1 報)⼥⼦⼤⽣の場合、吉川研⼀、池⽥由貴⼦、⾼⼭朋⼦、松⼭東雲短期⼤学研究論集、第38 巻(2007)
・⼤規模⼩売店に対する⼥⼦⼤⽣の消費⾏動から考える魅⼒ある松⼭三越づくりの⼀考察、吉川研⼀、⽔代仁、松⼭東雲短期⼤学研究論集、第45 巻(2015)
・⾼分⼦⽔溶液中での占領の拡散挙動に関する研究(第4 報)⾼分⼦⽔溶液中での染料の拡散に対する添加物の影響、吉川研⼀、堀照夫、繊維学会誌第61 巻(2005)

ResearchMapへのリンク