松山東雲女子大学・松山東雲短期大学
研究者情報

[最終更新日] 2022年07月22日

職階

准教授

氏名(漢字)

友川 礼

氏名(ローマ字)

TOMOKAWA Aya

保有する学位

社会福祉学修士

担当する授業科目

子ども家庭福祉/スクールシャルワーク論・演習・実習指導/ソーシャルワーク論/ソーシャルワーク演習/ソーシャルワーク実習指導/

研究テーマ

・教育現場におけるスクールソーシャルワークの活用の研究
・スクールソーシャルワーカーの社会資源の開発スキルに関する研究
・保育所における保育者の相談援助力を高めるためのソーシャルワークの活用に関する研究
・母子生活支援施設における子ども虐待予防のための家庭支援プログラムに関する研究
・母子生活支援施設における職員の相談援助力を高めるソーシャルワークの活用に関する研究

学会での活動状況

日本社会福祉学会/日本ソーシャルワーク学会/ 日本子ども家庭福祉学会/日本子ども虐待防止学会/日本学校保健学会

社会での活動状況

愛媛県スクールソーシャルワーカースーパーバイザー/愛媛県子ども・子育て会議委員/愛媛県児童福祉審議会委員/愛媛県教育委員会不登校児童生徒等支援連絡協議会副委員長 / 愛媛県教育員会不登校児童支援コーディネーター
愛媛県教育委員会フリースクール選定委員/愛媛児童福祉施設連合会(愛媛児童福祉ケース研究会スーパーバイザー)/愛媛県社会福祉審議会委員/ 松山市社会福祉審議会専門員/松山市子ども・子育て会議委員/地域福祉専門委員会、民生児童委員専門委員 /松山市母子生活支援施設小栗寮スーパーバイザー

本人からのメッセージ(社会貢献など)

愛媛の子ども・子育て家庭を応援したいという思いから、子どもや子育て家庭に関わる福祉・医療・保健・教育・心理・司法等の専門職を対象にした支援力向上のための人材養成研修プログラム、新たな子育て支援サービス開発、支援者のネットワークづくりの企画・運営・講師をしています。また、民生児童委員や子どもに関わるNPO等の地域の子育て支援の方々と一緒に親子の絆を深め、安全で効果的なしつけの仕方について「遊びを通じて」学べる体験プログラムを実施しています。

地域貢献に関心を持っているテーマ

ソーシャルワーク×子ども家庭福祉×教育

研究業績

・友川礼(共著)『社会福祉:第10 講 相談援助の方法と技術(p113~126)』中央法規,2022.
・友川・松田力・友川幸「コロナ禍における乳児院の感染症対策および 愛着形成の取組みの現状とその課題」松山東雲女子大学人文科学部紀要、第 31 巻 ,2022.
・友 川 礼・ 山 本 斉・谷 村 す ず え・太 田 久 美 子 ・横 手 直 美・松 尾 雅 美『鑑 賞 活 動 の 有 効 性 を め ぐ る幼 児 教 育 の 方 法 に つ い て の 研 究 ②―対話型鑑賞を初めて実践した保育者へのインタビューをとおして― 』松山東雲短期大学研 
 究論集第51号,2020.
・友川礼・今西恵子『保育実習Ⅰ(施設)の実習不安の低減を目的とした保育実習経験者を活用した教授法に関する研究』松山東雲短期大学研究論集第51号,2020.
・友川礼、桐木陽子、高橋圭三『女性従業員に対する子育て支援としての雇用先の保育事業の有用性に関する研究その1-女性の就労状況及び子育て経験,仕事と子育ての両立に対する認識に焦点をあててー』松山東雲短期大学研究論集第50号,2019.

ResearchMapへのリンク

https://researchmap.jp/shinonome